読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

tonkunの備忘録

色々調べた事、試した事などを載せます

XAML Previewer for Xamarin.Formsが動いてくれない(Windows単独)

2017/03/21追記 単独でも動作するようになっていました。 tonkun-no.hatenablog.com

昨日の夜TLを見ていると

どうやらVisualStudioで使えるとの事なので試してみていましたが、どうにも動きません。 「Android Phoneの文字のみ」

f:id:tonkun_no:20161031015501p:plain

nuitsさんによると「Alpha」にすると動作するらしいので、今晩やってみようと思っていたら・・・

どうやら「Stable」でも動作する模様(汗)

フォーラムでそれらしいのが無いか探したところ

Prerelease & Betas — Xamarin Forums

以下に同じような話はありましたが、解決できていません

  • Macとの接続がないと表示されない
  • 64bit版のJDKを入れて、そちらを参照するようにする
    →1.7.0_79と1.7.0_80を入れてみましたが、結果変わらず

Xamarin Forms Previewer isn't showing — Xamarin Forums

以下、こちらの環境情報です。 f:id:tonkun_no:20161031020611p:plain

隠れていますが、Android NDKは「r10e」です。 f:id:tonkun_no:20161031020239p:plain

VisualStudio単独で表示できた方、ぜひ教えて下さい。

11/14追記 どうやらまだ単独では動かない模様

Xamarin Forms Previewer isn't showing - Page 2 — Xamarin Forums

We are actively working on enabling the Android preview when there is no active connection to the Mac build host. This was an oversight which we’re rectifying now.

とか書いてあるし・・・orz

Xamarin.Android Google Play Services Visionを使ってみた(顔認識)

前回からだいぶ時間が経ってしまいましたが、

tonkun-no.hatenablog.com

今回は顔認識を試してみました。

殆ど、サンプル通りに作っていますが、ソースはGitHubにあります。

XamarinSamples/VisionFacesSample.Android at master · tonkun-no/XamarinSamples · GitHub

インストールや設定等は前回と同じです。

FaceTrackerActivity(抜粋)
protected override void OnCreate(Bundle bundle)
{
    base.OnCreate(bundle);
    SetContentView(Resource.Layout.FaceTracker);
    _cameraSourcePreview = FindViewById<CameraSourcePreview>(Resource.Id.cameraSourcePreview);
    _overlay = FindViewById<GraphicOverlay>(Resource.Id.faceOverlay);
    var detector = new FaceDetector.Builder(Application.Context)
        //.SetTrackingEnabled(false)
        .SetLandmarkType(LandmarkDetectionType.All)
        .SetMode(FaceDetectionMode.Accurate)
        .Build();
    detector.SetProcessor(
        new MultiProcessor.Builder(new FaceTrackerFactory(_overlay)).Build());

    _cameraSource = new CameraSource.Builder(this, detector)
        .SetAutoFocusEnabled(true)
        //.SetRequestedPreviewSize(640, 480)
        .SetFacing(CameraFacing.Front)
        .SetRequestedFps(30.0f)
        .Build();
}

今回は顔認識なのでFaceDetectorを使っています。

顔認識したタイミングでバーコードの時と同じようにTrackerクラスのOnNewItemメソッドが実行されています。
後はそのタイミングで、顔部分に表示するためのクラスを生成して、都度描画している感じです。

ビルドして実行すると、無事顔認識ができました。 カメラを横にするとプレビューサイズがおかしくなるのは、どこか間違ってるんだとは思いますが・・・ご容赦を。

f:id:tonkun_no:20161024034743p:plain

本当にやってみたかった事はこの先なんですが、また出来たら書こうと思います。

ASP.NET Identityを使ったメール認証でのtokenの有効期限の変更方法

仕事でユーザ登録時にASP.NET Identityを使ったメール認証を使用したのですが、 tokenに有効期限があるとは知らずに1日後にあっさりtokenの有効期限が切れて焦ったので変更方法のメモ。

ASP.NET MVC 5のテンプレプロジェクトだと IdentityConfig.csファイル

public static ApplicationUserManager Create(IdentityFactoryOptions<ApplicationUserManager> options, IOwinContext context) 
{
・・・中略
    var dataProtectionProvider = options.DataProtectionProvider;
    if (dataProtectionProvider != null)
    {
        manager.UserTokenProvider = 
            new DataProtectorTokenProvider<ApplicationUser>(dataProtectionProvider.Create("ASP.NET Identity"))
                { TokenLifespan = TimeSpan.FromDays(7)}; -- ここで日数指定
    }

恥ずかしながら無期限だと思ってました( ゚Д゚)

Xamarin.Android Google Play Services Visionを使ってみた

スキャナを作ってみようと色々調べていたらAndroid5.0以降はCameraクラスは非推奨との事で、 Camera2で試してみようかとも思ったんですが、Google Play Services Visionを使ってもできるようなので試しに使ってみました。

Google Play Services - Vision / Components / Xamarin

インストール

NugetからXamarin.GooglePlayServices.Visionをインストール。

f:id:tonkun_no:20160908020154p:plain

Manifest設定

プロジェクトのプロパティのから CAMERA をチェックオン

f:id:tonkun_no:20160908020618p:plain

実装

以下を参考に実装していきます。

com.google.android.gms.vision  |  Google APIs for Android  |  Google Developers

画面にはSurfaceViewを配置し、 MainActivityにはISurfaceHolderCallbackインターフェースも実装します。

MainActivity(抜粋)
protected override void OnCreate(Bundle bundle)
{
    base.OnCreate(bundle);
    // Set our view from the "main" layout resource
    SetContentView(Resource.Layout.Main);
    this.surfaceView = (SurfaceView)this.FindViewById(Resource.Id.surfaceview);
    this.surfaceView.Holder.AddCallback(this);

    // バーコードの種類を指定する場合はSetBarcodeFormatsで指定
    //BarcodeDetector detector = new BarcodeDetector.Builder(this).SetBarcodeFormats(BarcodeFormat.QrCode).Build();
    BarcodeDetector detector = new BarcodeDetector.Builder(this).Build();
    detector.SetProcessor(
        new MultiProcessor.Builder(new MyTrackerFactory(this.HandleScanResult)).Build());
    this.cameraSource = new CameraSource.Builder(this, detector).SetFacing(CameraFacing.Back).SetAutoFocusEnabled(true).Build();
}

public void HandleScanResult(Barcode item)
{
    string msg = string.Empty;
    if (item != null && !string.IsNullOrEmpty(item.RawValue))
        msg = "Found Barcode: " + item.RawValue;
    else
        msg = "Scanning Canceled";
    this.RunOnUiThread(() => Toast.MakeText(this, msg, ToastLength.Long).Show());
}

public void SurfaceCreated(ISurfaceHolder holder)
{
    this.cameraSource.Start(this.surfaceView.Holder);
}
MyTrackerFactoryとBarcodeTracker
public class MyTrackerFactory
    : Java.Lang.Object, MultiProcessor.IFactory
{
    Action<Barcode> handleScanAction;
    public MyTrackerFactory(Action<Barcode> action)
    {
        this.handleScanAction = action;
    }
    public Tracker Create(Java.Lang.Object item)
    {
        return new BarcodeTracker(handleScanAction);
    }
}

public class BarcodeTracker
    : Tracker
{
    Action<Barcode> handleScanAction;
    public BarcodeTracker(Action<Barcode> action)
    {
        this.handleScanAction = action;
    }
    public override void OnNewItem(int id, Java.Lang.Object item)
    {
        handleScanAction((Barcode)item);
    }
}

バーコード読み込み時の処理をMainActivityで記述している為、
どうにかBarcodeTrackerに渡したくて無理やり渡しています。

今回はサンプルなので良いですが、実際にこれを使って実装する場合は 全体的にどう実装するんだろう?
個人的にはついついISurfaceHolderCallbackを実装したなんたらmanagerクラスを作って、やってしまいそうです( ゚Д゚)*1

ビルドして実行すると、無事バーコードの読み込みが出来ました。 f:id:tonkun_no:20160908215221p:plain

Visionは他の機能もあるので試してみようかと思います。

*1:そして役割が増えていく・・・

Xamarin Tシャツをもらおう その後

前回の記事のその後です。

tonkun-no.hatenablog.com

動画を投稿してからその後、田淵さんのツイートを見るとTシャツの連絡が来たそうです。

それから数日待ってみましたが、何の連絡も来なかったので「むーこれは外れたかなぁ」と思っていると

@nuits_jpさんの気になるツイートが、

参考に直接問い合わせをしてみました。

なんか変な英語の気もしますが、そこは気にしない・・・

待つこと数時間、あっさり返信が来ました・・・orz f:id:tonkun_no:20160803032928p:plain

指定されたアドレスに移動してみると、名前や送信先の住所やTシャツのサイズを入力するフォームでした。 なんだか英語で住所書くのってドキドキしませんか(笑)

アメリカのTシャツは1サイズ大きいらしいのでMを指定しました。 結果に3週間ほどかかるそうですが、無事Tシャツが届くのを待ちたいと思います(‘ω‘ )

のんびり待てば連絡は来たのかもしれませんが、精神的に待ってるのは辛かったので・・・ @nuits_jpさんに感謝です。

Xamarin Tシャツをもらおう

田淵さんのblogでXamarin でアプリコンテストが紹介されていました。

ytabuchi.hatenablog.com

Azure Easy Tablesを使ったXamarinのアプリを動画でツイートすると、 憧れのXamarin T-シャツがもらえるそうです。
全員がもらえるのかどうかは良くわかりませんが、もらえると信じて作ってみました。

以下のサイトを参考にさせてもらっています。 *1

nuits.hatenadiary.jp

ytabuchi.hatenablog.com

Azureのアカウントを作っているのが前提です。

Mobile Apps Quickstartにアクセス azure.microsoft.com

[Create Web App]をクリック f:id:tonkun_no:20160719003541p:plain

[アプリ名]、[リソースグループ]を入力して[App Service プラン/場所]をクリック f:id:tonkun_no:20160719004503p:plain

[新規作成]をクリック f:id:tonkun_no:20160719004604p:plain

[価格レベル]をクリック

f:id:tonkun_no:20160719010020p:plain

[全てを表示]をクリックする。そうしないとF1 Freeが表示されない(ずるい笑) f:id:tonkun_no:20160719010209p:plain

[F1 Free]をクリックして[選択]ボタンをクリック f:id:tonkun_no:20160719010447p:plain

[App Service]画面で[OK]をクリック [Web App]画面の[作成]ボタンをクリックするとデプロイが始まる(数分かかります) f:id:tonkun_no:20160719011023p:plain

デプロイが終わたら作成されたアプリをクリック f:id:tonkun_no:20160719011341p:plain

[設定]画面から[クイックスタート]を選択、[Xamarin.Android]を選択
※言語は自分のお好みでどうぞ f:id:tonkun_no:20160719011538p:plain

[Download]をクリックするとサンプルプロジェクトがダウンロードされる f:id:tonkun_no:20160719011934p:plain

あとはサンプルプロジェクトをVisual Studioで開いて、デバック実行するだけです。 f:id:tonkun_no:20160719012200p:plain

すごい・・簡単にできました( ゚Д゚)

[Easy Tables]から[todoitem]を見ると、データが登録されているのが分かります。 f:id:tonkun_no:20160719012556p:plain

これをタグ付きでツイートすればTシャツゲット?なんでしょうかね(‘ω‘ )

*1:と言うかほとんどそのままです・・・orz

Xamarin.Android ZXing.Net Mobileを使ってみた

簡単にスキャナが作れると言うことで、ZXing.Net Mobileを使ってみました。

https://github.com/Redth/ZXing.Net.Mobile

こちらにあるSampleコードとほとんど同じです。

インストール

NuGetからZXing.Net.Mobileをインストール

f:id:tonkun_no:20160703013331p:plain

Manifest設定

プロジェクトのプロパティの[Android Manifest]から [Required permissions]で
CAMERA
FLASHLIGHT
をチェックオン

f:id:tonkun_no:20160703014211p:plain

画面レイアウト

サンプルはいくつかボタンがありますが、取りあえず標準動作と思われる物のボタンのみ配置

f:id:tonkun_no:20160703015128p:plain

MainActivity

以下のように記載

protected override void OnCreate(Bundle bundle)
{
    base.OnCreate(bundle);
    // Set our view from the "main" layout resource
    SetContentView(Resource.Layout.Main);
    var scanner = new MobileBarcodeScanner();
    // Resource取得
    var buttonScanDefaultView = this.FindViewById<Button>(Resource.Id.buttonScanDefaultView);
    // Clickイベント設定
    buttonScanDefaultView.Click += async (sender, e) =>
    {
        scanner.UseCustomOverlay = false;
        scanner.TopText = "Hold the camera up to the barcode";
        scanner.BottomText = "Wait for the barcode to automatically scan!";
        var result = await scanner.Scan();
        HandleScanResult(result);
    };
}

/// <summary>
/// 読み込み結果に対する処理
/// </summary>
/// <param name="result"></param>
public void HandleScanResult(ZXing.Result result)
{
    string msg = string.Empty;
    if (result != null && !string.IsNullOrEmpty(result.Text))
        msg = "Found Barcode: " + result.Text;
    else
        msg = "Scanning Canceled";
    this.RunOnUiThread(() => Toast.MakeText(this, msg, ToastLength.Short).Show());
}

ビルドして実行・・・

f:id:tonkun_no:20160703020400p:plain

f:id:tonkun_no:20160703020507p:plain

f:id:tonkun_no:20160703020533p:plain

認識早いですね。こりゃ便利。 他の機能も試してみようと思います(・ω・)ノ

不明点

Runtime Permissionの設定方法が良くわかりません・・・
ZXing.Net.Mobile.Formsの場合は、以下の内容で良いらしいですが。

public override void OnRequestPermissionsResult(int requestCode, string[] permissions, Permission[] grantResults)
{
    global::ZXing.Net.Mobile.Forms.Android.PermissionsHandler.OnRequestPermissionsResult (requestCode, permissions, grantResults);           
}